西武新宿線『上石神井歯科クリニック』審美歯科/インプラント/義歯/小児歯科/スポーツ用マウスガード/矯正/在宅高齢者訪問治療/夜間診療/無呼吸症候群

上石神井歯科クリニック
 
上石神井歯科ホーム 一般歯科 審美歯科 インプラント 義歯 小児歯科 スポーツマウスガードマウスピース 矯正 院内コンセプト
リンクアクセスお問い合わせサイトマップブログ上石神井歯科 ホーム
診療科目
歯科一般
審美歯科
セラミック治療
インプラント
インプラント2
(最新ソケットリフト法)
小児歯科
矯正
口腔外科
ホワイトニング
顎関節症
無呼吸症候群
ご案内
在宅寝たきり
高齢者歯科訪問診療
障害者歯科治療
練馬区成人歯科検診
接触・嚥下
リハビリテーション
衛生管理
アクセス
院長プロフィール
ブログ
ホーム
更新履歴
インプラントの症例3を追加
インプラントの症例4を追加

睡眠時無呼吸症候群用のマウスピース

睡眠時無呼吸症候群とは・・



 睡眠中に上気道が閉じて呼吸が止まる、あるいはいびきが凄い等で
 呼吸がしょっちゅう止まる病気です。
 寝ている時に酸素不足が生じ、それによって様々な事が起きます。

 *ここでは閉塞性のみに述べ、中枢性は医科をご参照下さい。

 【呼吸が止まる原因は・・】

  

 ○肥満や加齢による場合
 ○お酒などを飲んで、舌根沈下を起こし気道が狭くなる
 ○小さい顎の人
 ○扁桃肥大や舌の肥大、口蓋垂の肥大などの
   気道周辺の肥大がある方
 ○・・・などなど、筋肉のたるみや周辺の肥大によって 起こる事が多いのです。


 
 【では、無呼吸をしばしば起こすことによってどういう事が起きるかと言うと・・】

 ○まずは、いびきがうるさく周りに迷惑をかける
 ○口が乾きやすく、朝頭痛がすることもある。
 ○朝、起きた時にすっきりとした目覚めがしない。
 ○日中に急に眠気を起こしたり、頭がぼんやりとして集中力が低下する。
  さらには、疲れが取れづらく倦怠感が抜けない。
  
 ○生活習慣病のリスクが上がる。
   ・高血圧  2倍
   ・不整脈、狭心症、心不全  2〜3倍
   ・脳卒中  4倍
   ・糖尿病  2〜3倍

  *この睡眠時無呼吸症候群の診断は、呼吸器科、耳鼻咽喉科、循環器科
    などで受けて頂く事になります。


 これを改善させる治療の1つに、歯科で製作するマウスピースがあるのです。


睡眠時無呼吸の歯科的治療とは・・

【無呼吸用のマウスピース画像】




 上の画像のようなマウスピースをお口の中に装着し、
 下の顎を少し前方に誘導した状態で寝ます。
 下の顎を少し前方に誘導することによって、気道が広がります。

 

 従って、空気の通り道が広がったことにより、
 酸素不足の改善やいびきの解消を狙った装置となります。

 当医院では、ソフトタイプの素材で作成していますので、
 装着時の痛みとかなく なじみ易いと思います。

 余談ですが、仰向けに寝るより、横向きで寝た方がいびきはかきづらくなります。

 *保険での治療するには、必ず医科からの紹介状が必要となります。


 
   
Copyright(C)2010 上石神井歯科クリニック All Rights Reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】