西武新宿線『上石神井歯科クリニック』審美歯科/インプラント/義歯/小児歯科/スポーツ用マウスガード/矯正/在宅高齢者訪問治療/夜間診療

上石神井歯科クリニック
 
上石神井歯科ホーム 一般歯科 審美歯科 インプラント 義歯 小児歯科 スポーツマウスガードマウスピース 矯正 院内コンセプト
リンクアクセスお問い合わせサイトマップブログ上石神井歯科 ホーム
診療科目
歯科一般
審美歯科
セラミック治療
インプラント
インプラント2
(最新ソケットリフト法)
小児歯科
矯正
口腔外科
ホワイトニング
顎関節症
無呼吸症候群
ご案内
在宅寝たきり
高齢者歯科訪問診療
障害者歯科治療
練馬区成人歯科検診
接触・嚥下
リハビリテーション
衛生管理
アクセス
院長プロフィール
ブログ
ホーム
更新履歴
インプラントの症例3を追加
インプラントの症例4を追加

顎関節症・歯ぎしり・くいしばり等


顎関節症


顎関節症とは 顎を動かした時 音が鳴ったり 痛みが有ったりする病気です。


         
だいたいは 顎の関節の位置異常によって起こるものですが
他にもいろいろ原因がある場合もあります。


           


一般的な症状は
・顎の開閉に伴い 音が鳴る。
 (ポキン・ポキン" ジャリジャリ" カクカク"等)


           


・顎が開かなくなった
   少ししか開かない場合〜全く開かない場合まで様々です。
・顎の開け閉めによって痛みが生じる。


           


・痛みや不快症状も顎にとどまらず 額顔面・首・肩など、
 また全身にも影響を及ぼします。


症状は人により千差万別なのですが
軽い場合は 音が多少鳴るくらいで日常生活に支障が出なければ
問題無いかと思われます。


ただ症状が重くなると
こめかみや頭痛が起きたり、顎や顎の関節の痛みもかなりあったりします。
朝起きた時に 顔や顎、首周りまで凝った状態で 目覚めてもスッキリせず
むしろ起きた瞬間から 疲れを意識する場合もあります。

さらに重症になると
顎や顔面がしょうっちゅう微妙な痙攣を起こす事もあります。

また自律神経失調症の症状を呈する場合もあります。
これは耳の穴の後ろ側の骨の頭蓋骨側に自律神経が来ているので
それを関節頭が刺激をする為に起こります。


症状としては
・首・肩の凝り
・こめかみや頭痛
・目の痛み
・背中の痛み
・腰痛
・手足のしびれ感
・胃弱・消化器系が弱い
・生理が重い
などの症状が出たりする事も 多々あります。


治療は?


  気付いた時になるべく早めに、治療を開始する方が経過が良好となります。


・垂直的噛み合わせは下げない様にしながら
 側方移動の噛み合わせに問題があれば
 修正することもあります。

・根本的には 噛み合わせに関する筋肉群の安静を図ることが
 まず第1となります。

・その為にはまずマウスピースを製作して それらの筋肉群を
 休ませる事が大事なこととなります。


         



・特に夜間寝てる時には 下の顎は自由に動けるとストレスを
 開放することに繋がります。

・このマウスピースを装着するに当たり、作れば良いという
 ものではなくて装着した際に 円滑な動きがどれだけ出来る
 かがポイントとなります。

・この調整如何で噛み合わせの筋肉群のストレッチ効果や
 関節の位置のポジションの修正等が起こり 症状が改善する
 と言っても過言ではないと思います。

・初期の段階であれば かなりの方がこのマウスピースで
 改善を図れるようです。

   

・ただ近年 精神的ストレスやうつ病との関係が
 重要視されて来ています。結構大事なポイントです。

・また姿勢との関係も深く 特に足を組む姿勢が多い方も
 注意です。いつもどっちかの手や肩で荷物とか日常的に
 持つ癖がある方も注意です。


当医院は 一般的な歯科診療所としては 
 かなり取り扱いのケースが多いと思います。
 難しいケースもありますが  殆どのケースに於いて
 改善・回復しています。
 是非 お困りの方はご相談下さい。
 
 ブログの2015.08.05と08日にも 
 噛みしめ癖等記してあります。
 http://blog.kamisyakujiisika.main.jp/
 
   
Copyright(C)2010 上石神井歯科クリニック All Rights Reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】